大阪|スポーツメンタルトレーニングは関西マインドフルネスラボにお任せ下さい。

関西マインドフルネス・ラボ|大阪

BLOG

ブログ

アメリカ五輪チームも必死で取り組んでいる「マインドフルネス」って何?

最近メディアにも少しづつマインドフルネスが取り上げられ、マインドフルネスという言葉を聞いたことがある人も少なくないかもしれません。マインドフルネスを説明するのは非常に難しいのですが簡単に言えば心と身体をコントロールする非常に効果のある方法です。

マインドフルネスは仏教の修行である禅や瞑想がベースとなっています。脳科学の発展によって禅や瞑想が私たちの脳や身体に良い影響を与えることがわかってきました。長年禅や瞑想に取り組んでいる人達の間では当たり前のように言われていたことなのですが脳科学がそれを客観的に証明しました。(マインドフルネスは宗教色を完全に排除しています)

アメリカやヨーロッパの先進国ではうつ病を始めとする精神疾患の治療や慢性的な痛みの治療にもマインドフルネスが用いられて成果を上げています。(保険適用されています)また医療分野だけでなく教育やスポーツ、福祉やビジネスと幅広くマインドフルネスが取り入れています。

Googleがマインドフルネスを従業員のメンタルヘルスと生産性の向上にマインドフルネスを社内プルグラムに取り入れているということで日本では話題になっています。アメリカではGoogleだけでなくインテルやFacebook、ゴールドマンサックスやP&Gといった一流企業もマインドフルネスを社内プログラムに取り入れており、日本でも企業がマインドフルネスを取り入れていくのではないかと思います。

スポーツの世界では少し古いところではカールルイスやマイケルジョーダンといった一流アスリート、最近ではジョコビッチやタイガーウッズ、本田圭佑やイチローや長谷部誠もマインドフルネスに取り組んでいると言われています。またサッカーU23代表やアメリカ五輪チームもメンタルトレーニングとしてマインドフルネスに取り組んでいます。

アスリート以外では故スティーブジョブス、レディーガガ、ニコールキッドマン、クリントン元大統領、ブルースリー、ミランダカー、稲盛和夫、故松下幸之助、ポールマッカートニーといったセレブもマインドフルネスに取り組んでいるのです。

世界一流企業やアスリート、経営者やアーティストがこぞってマインドフルネスに取り組むのか?それはマインドフルネスが心と身体にもたらしてくれる恩恵を知っているからでしょう。世界のトップで活躍するためには強靭な精神力と身体が必要不可欠です。受けるストレスも半端なものではないでしょう。それを上手に乗り越え成果を出し続けるには心と身体を一定に保つことが大切です。

マインドフルネスはそれを実践するには適切な方法です。これは自身の実践や指導経験、エビデンス、世界中で行われている事実を見て確信しています。マインドフルネスに適切に取り組めば全てが変わり望むような人生を歩むことが出来ます。

以下は関西マインドフルネスラボと姉妹サイトである大阪・天満橋マインドフルネス研究所が主催しているマインドフルネスのレッスンです。マインドフルネスを体験したい、身に着けたいという方は一度ご参加ください。

 

 ◎第33回大阪実践マインドフルネス瞑想会

日時:5月22日(日)昼の部14時~16時 夜の部18時~20時 場所:大阪市内 詳細とお申込みはこちらです。 

◎バーでお酒を飲みながらマインドフルネスを学ぶ

日時:6月9日(木)18時30分~ 場所:大阪市内 詳細とお申込みはこちらです。 

◎第34回大阪実践マインドフルネス瞑想会

日時:6月12日(日)昼の部14時~16時 夜の部18時~20時 場所:大阪市内 詳細とお申込みはこちらです。 

◎第35回大阪実践マインドフルネス瞑想会

日時:6月26日(日)昼の部14時~16時 夜の部18時~20時 場所:大阪市内 詳細とお申込みはこちらです。 

 

 

カテゴリー: マインドフルネスとは何か?, メンタルトレーニング | コメントする